これを描きたい、という創作のモチーフが見つかり、初期衝動が始まったらアーティスト

Denmarkmuseum

ここは美術館の一室。

高い天井、見学者は自分だけ。

デンマークの王立美術館の中である。

2012年にはじめて訪れた時、この絶妙に並んだ額縁に感動してしまう。

額縁が頭の上から迫ってくる、何かが私の脳内ではじけた。

「フレーム」が自分の創作のモチーフとしてインストールされた瞬間。

帰国してすぐに、まだ時差ボケのフラフラ状態のまま、新宿三丁目の世界堂に立つ。

消しゴムはんこの材料とインクを買い、帰宅してすぐにカッターや彫刻刀に向かう。

あの美術館の額縁の世界を、モレスキンのスケッチブックに再現した。

ミニチュア世界を作るのも、均等に配置するのも、記憶の箱庭にするのも、

実に日本人らしいコンポジションだと、あとからわかった。

そのときは、

夢中でハンコにインクを押し、手を汚し、モレスキンに向かった。

Denmarkframe01

Denmarkframe02

デンマーク旅行の思い出シーンをはめた、この作品の発表をきっかけにして、旅行雑誌の連載が決まり、そのまま紙面で特別に掲載される。創作の初期衝動は、人生を180度変えてしまうパワーを持つ、天からの贈り物。最近何かを作りたい気分のあなたにも、きっと何かが降りてくる。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。